樺細工のメダルお披露目 モーグルW杯たざわ湖大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
樺細工をあしらったメダル。左から金、銀、銅
樺細工をあしらったメダル。左から金、銀、銅

 秋田県仙北市で22、23日に開かれるモーグルの国際大会「2020FISフリースタイルスキーワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会」で選手に贈られるメダルが10日、県庁でお披露目された。長方形の金、銀、銅メダルの表面に、同市角館地域の伝統工芸品「樺細工」が丸くあしらわれている。

 今大会のメダルは縦11・5センチ、横8・5センチ、厚さ0・9センチ、重さ約405グラム。

(全文 496 文字 / 残り 312 文字)