三菱UFJ銀行、一律のベア廃止 20年春闘、実力本位にかじ

お気に入りに登録

 三菱UFJ銀行の労使が2020年春闘で、行員一律のベースアップ(ベア)を廃止し、個人の人事評価に基づいて賃上げ率を決める仕組みで合意する見通しになったことが10日、分かった。年功序列から実力本位にかじを切る。トヨタ自動車労働組合も評価に応じ、従来よりベア額にめりはりをつける制度を要求する。成果重視の枠組みが広がる可能性がある。

 三菱UFJ銀の労組は今春闘でベアではなく、給与と賞与を合わせた報酬総額の増加について経営側と交渉する方針だ。20年度以降は増額分のうち、個人の評価で給与を傾斜配分する。