発酵文化の魅力発信へ飲食店新装開店 増田、ツーリズム拠点

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田杉を使い、みそだるをイメージした店内
秋田杉を使い、みそだるをイメージした店内

 秋田県横手市増田町の飲食店「旬菜みそ茶屋くらを」が10日、発酵文化体験機能を備えてリニューアルオープンした。県が2018年から推進する「あきた発酵ツーリズム」の拠点施設として4例目。10日は市民や県外の観光客らが訪れ、振る舞いのみそ汁などを堪能した。

 「くらを」は2013年10月にオープン。同市増田町の羽場こうじ店が運営する。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)にある「旧勇駒酒造」(国登録有形文化財)内に店を構える。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 880 文字 / 残り 667 文字)

秋田の最新ニュース