ひとり考:大好きだった姉 国家に奪われた尊厳

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
太平洋戦争に出征する夫と記念写真に納まる18歳のハルさん
太平洋戦争に出征する夫と記念写真に納まる18歳のハルさん

 1枚の写真がある。寄り添って写るのは、軍服を着た夫と和装の妻。夫の出征が決まり、2人並んで撮った最後の写真だ。

 妻の名はハルさん。1924(大正13)年、横手市に生まれた。祖父も父も教師で、ハルさんは横手高等女学校(現在の横手城南高)で学んだ。

 「ハルさんは編み物が好きな人でした。手先が器用で、近所の子どもに手袋や靴下、セーターを編んだりしてました」。そう振り返るのは、弟の長沼宗次さん(87)=横手市=だ。

 宗次さんは6人きょうだいの末っ子。ほかに3人の姉がいたので、宗次さんは「ハルさん」と名前で姉を呼んでいた。2人は特に仲が良かった。

 ハルさんが結婚したのは40(昭和15)年、女学校を卒業して間もない16歳の時だった。相手は家父長である祖父が決めた男性だった。「ハルさんは成績が良く、学校では進学を勧められたようでしたが、祖父に言われるまま結婚しました。そういう時代でした」と宗次さん。

 だが2年後の42(昭和17)年、夫に赤紙が届く。18歳のハルさんは夫を見送り、嫁ぎ先に残って帰りを待ち続けた。

(全文 2124 文字 / 残り 1669 文字)

この連載企画の記事一覧