社会減と向き合う・アンケート:もっと関わりたい

お気に入りに登録

 アンケートでは回答者の9割超が古里との関わりを「もっと深めたい」と答えた。

 美郷町出身の佐々木順次郎さん(74)=川崎市=は県関連の物産展や県出身者の交流イベントなど「情報の事前周知にもっと工夫が必要」と語る。首都圏在住者は出身地や出身校などによって、得られる情報に偏りもあるようだ。

 「販路開拓やPRには秋田の人だけでは限界があるでしょう。県出身者の人脈を使えばいい」。三種町出身の近藤誠貴さん(75)=神奈川県鎌倉市=は「一緒に活動できる態勢をつくっていきましょう」と手を差し伸べる。

(全文 851 文字 / 残り 606 文字)

この連載企画の記事一覧