秋田市公営駐車場、10月から24時間営業に 駅前活性化へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自動車の入出庫を24時間可能にする方針の秋田市公営駐車場=秋田市中通
自動車の入出庫を24時間可能にする方針の秋田市公営駐車場=秋田市中通

 JR秋田駅の西口近くにある秋田市公営駐車場で、今年10月から自動車の入出庫が24時間可能になる見通しだ。運営する市駐車場公社(今野郁夫理事長)は、現在の午前7時~午後10時半を延長することで、駅周辺の飲食店の客やマンション居住者らの利用増を見込んでいる。3月下旬の公社理事会で正式に決定する方針。

 24時間化すると、午前7時から午前0時までは従業員が精算業務に当たり、周辺商業施設などの発行するサービス券に対応する。他の時間帯は自動精算機を利用してもらい、精算所を無人化する計画だ。料金は原則変更せず、1時間まで200円、それ以降は30分ごとに100円を加算する。定期駐車だけ見直しを検討している。

(全文 652 文字 / 残り 352 文字)