インフル患者、前週比ほぼ半減 能代、秋田中央は警報継続

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は13日、県内の医療機関から報告された9日までの1週間のインフルエンザ患者数が1機関当たり6・69人で、前週より44%減少したと発表した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 208 文字 / 残り 135 文字)

秋田の最新ニュース