北秋田市、防災ラジオ整備に1億円 一般会計2年ぶり減

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県北秋田市は13日、2020年度一般会計当初予算案を発表した。総額は232億1333万円で、19年度当初比7億5816万円(3・2%)減となった。大型事業のし尿処理施設整備事業の終了などにより、2年ぶりのマイナス編成となった。

 デジタル同報無線システム整備事業に1億3184万円を計上。市が一般家庭と事業所に無償貸与している防災ラジオの電波が届かない地域を解消するため、森吉山阿仁スキー場山麓の高津森に送信局を設置する。この整備により、大阿仁地区367世帯でも防災ラジオが使用可能となる。

(全文 880 文字 / 残り 633 文字)