茨城から横手に派遣の永井さん活躍 担い手不足解消に一役

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
湯殿山神社の二井山裸参りに参加した永井さん(左)と妻美沙さん
湯殿山神社の二井山裸参りに参加した永井さん(左)と妻美沙さん

 茨城県那珂市職員で秋田県横手市秘書広報課に派遣されている永井悠介さん(26)が横手市内の地域行事に積極的に参加し、イベントの盛り上げや伝統行事の担い手不足の解消に一役買っている。1月は雄物川町の銀河系宇宙ほらふき決勝大会、湯殿山神社の二井山裸参りに挑戦した。永井さんは「率先して行事に出て、それを見た若い人が『自分も』と興味を持ってくれたらうれしい」と話している。

 両市は2004年に友好都市提携を締結した。那珂郡戸村(現那珂市)の城代だった戸村氏が関ケ原の戦い(1600年)の後に佐竹氏に従って秋田入りし、後に横手城代を務めた歴史的なつながりが縁。16年から毎年1人ずつ職員の相互派遣を行っている。

(全文 975 文字 / 残り 674 文字)