2月県議会開会、知事は未来への投資強調

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
開会した県議会第1回定例会2月議会
開会した県議会第1回定例会2月議会

 秋田県議会の第1回定例会2月議会が14日、開会した。佐竹敬久知事は本会議の知事説明で、農業産出額の伸びや人口の社会減改善、県内高速道路の全線開通見通しの公表といった最近の動きに触れ、「さまざまな分野で実を結びつつある成果を確かなものとしていくために、秋田の元気創造に向けた『投資』を幅広く進める」と述べた。

 2月議会は3月19日までの35日間。県の提出案件は、総額5794億1400万円の2020年度一般会計当初予算案など計127件。