秋田市のパチンコ店から出火 客ら避難、けが人なし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
店内から煙が出たパチンコ店「マルハン臨海店」=14日午後3時10分、秋田市八橋南
店内から煙が出たパチンコ店「マルハン臨海店」=14日午後3時10分、秋田市八橋南

 14日午後2時50分ごろ、秋田市八橋南2丁目のパチンコ店「マルハン臨海店」から出火、天井裏の断熱材などを焼いた。店内にいた約170人の客と従業員8人は避難し、けが人はいなかった。

 秋田中央署によると、30代従業員が焦げ臭さに気付き、店内を巡回。天井裏から火が出ているのを見つけ119番した。ほぼ同時に火災報知器が鳴り、従業員が店内を回って客に避難を呼び掛けた。

 消防が到着した際には、店内全体に白煙が漂っていたという。

 同署は天井裏の断熱材の焼損が激しいことから、天井裏の電気配線から出火した可能性もあるとみて、詳しい原因や焼失面積を調べている。

(全文 395 文字 / 残り 121 文字)