「ラブかま」登場 かまくら前夜、横手で撮影会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
よこてイーストには「ラブかま」が登場した
よこてイーストには「ラブかま」が登場した

 横手市で15日開幕する冬の小正月行事「かまくら」を前に、恒例イベントのかまくら撮影会が14日夜、同市雄物川町の民家苑「木戸五郎兵衛村」で行われた。県内外から集まった約50人のアマチュアカメラマンが、幻想的な風景を撮影した。

 同苑には江戸から明治にかけて建てられたかやぶき屋根の民家4棟が並び、周辺にかまくら5基が置かれている。撮影会では地元の小学生がかまくらに入り、しちりんを囲んだ。午後5時ごろ明かりがともされると、一帯は情緒あふれる雰囲気に包まれた。

 この日はバレンタインデー。同市駅前町のよこてイーストには昨年に続き、ハート形の入り口が特徴の「ラブかま」が登場。カップルや家族連れが仲むつまじく記念撮影を楽しんでいた。

(全文 489 文字 / 残り 176 文字)