国体スキー、本県選手上位狙う 富山で開始式

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
団旗を手に行進する本県の田口
団旗を手に行進する本県の田口

 第75回国民体育大会冬季スキー競技会の開始式が16日、富山県南砺市福野体育館で行われ、熱戦の幕を開けた。大会には47都道府県から選手、役員ら約1800人が参加。秋田県選手団は114人で、男女23種目に選手60人が出場する。競技は17日から19日まで、同市のたいらスキー場など4会場で実施される。

 開始式には各都道府県から約850人が出席。本県からは、畠山芳彦総監督(県スキー連盟競技本部長)ら16人が参加した。南から順に旗手が入場し、本県は大回転少年男子に出場する田口慧(角館高3年)が42番目に登場し、堂々と行進した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 541 文字 / 残り 280 文字)

秋田の最新ニュース