京都生まれのコウノトリ飛来 秋田市豊岩で市民が撮影

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小谷部さんが撮影したコウノトリ=15日午後3時5分ごろ、秋田市豊岩
小谷部さんが撮影したコウノトリ=15日午後3時5分ごろ、秋田市豊岩

 秋田市豊岩の田んぼに国の特別天然記念物コウノトリが1羽飛来しているのを15日、同市新屋の小谷部誠さん(67)が見つけ、写真に収めた。日本野鳥の会県支部によると、県内で飛来が確認されたのは2019年4月以来という。

 小谷部さんは15日午後2時半ごろ、新屋高校東の田んぼでコウノトリを発見。コウノトリは田んぼや水路を歩き回り、食べ物を探していた。

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(同県豊岡市)に確認したところ、個体管理用の足環(あしわ)から、19年4月に京都府京丹後市で生まれ、6月に巣立った雄だと分かった。

(全文 371 文字 / 残り 116 文字)