「刈和野」だけじゃない! 大曲の綱引き、激しく

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大勢の地域住民らが集った「大曲の綱引き」
大勢の地域住民らが集った「大曲の綱引き」

 秋田県大仙市の小正月行事「大曲の綱引き」(県指定無形民俗文化財)が15日夜、同市大曲の上大町交差点で行われた。地域住民らが上丁と下丁に分かれて綱を引き合い、市中心部が熱気に包まれた。

 引き合いに先立ち、厄年を迎える男性でつくる大曲昭和54年会の会員や、その後輩らが、長さ約130メートルの綱を引いて大町通りを練り歩いた。

 綱の中央部分には、倒して回せば財がもたらされるとされるご神木「財振棒(ざいふりぼう)」が取り付けられている。道中、商店や飲食店などの前に差し掛かると、棒を守る54年会と倒そうとする先輩がもみ合う「棒回し」が行われ、男衆が激しい攻防を繰り広げた。

(全文 560 文字 / 残り 276 文字)