県内高校入試一般選抜、全日制は平均0・91倍

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内公立高校入試の2020年度一般選抜の願書受け付けが17日、締め切られた。全日制47校(分校、地域校含む)の平均志願倍率は前年度を0・03ポイント下回る0・91倍で、現在の入試制度となった05年度以降で最低となった。1倍を割り込んだのは3年連続。学校別では31校で定員割れとなった。

 全日制は前年度より91人多い5692人を募集し、5201人が志願した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 719 文字 / 残り 538 文字)

学校別の志願状況はこちら

秋田の最新ニュース