時代を語る・鈴木英雄(16)女と伝わる「山の神」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
山の神に感謝し、折に触れてお参りする通称「マタギ神社」=昨年5月、北秋田市阿仁
山の神に感謝し、折に触れてお参りする通称「マタギ神社」=昨年5月、北秋田市阿仁

 初めての出稼ぎ先となった岩手県宮古市の現場で暮らした小屋の中は、ドラム缶で作ったストーブを囲むように寝床がありました。風呂はドラム缶の五右衛門風呂で、酔っぱらって入った人がドラム缶ごとひっくり返ったことがありました。

 屋根が雨漏りするものですから、天井にナイロンのシートを貼りましたが、ある時、たまった雨水が一気に私の布団に落ちてきました。ほかの人の布団に入れてもらいながら、自分の布団を乾かしたのも、今はいい思い出です。

(全文 738 文字 / 残り 526 文字)

この連載企画の記事一覧