由利本荘、土砂崩れで小屋全壊 けが人なし【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
作業小屋が全壊した土砂崩れの現場
作業小屋が全壊した土砂崩れの現場

 18日午前6時50分ごろ、秋田県由利本荘市南福田字下鳴瀬の市道北側ののり面が崩れ、作業小屋が約7メートル下の田んぼに落下、全壊しているのを、付近の国道108号を車で通った人が発見し由利本荘署に届け出た。けが人はいなかった。

 同署によると、小屋は木造一部2階建て。土砂崩れは幅約24メートル、奥行き約25メートルにわたって発生した。市によると、土砂崩れにより電柱が2本傾いたが、停電などの影響はない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 318 文字 / 残り 118 文字)

秋田の最新ニュース