腐食か、水門のふたが落下 秋田市茨島の住宅浸水、市が謝罪

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 17日未明に13棟が浸水した秋田市茨島2丁目の住宅地では18日、住民が家の掃除や片付け作業に追われた。浸水は市が管理する水門が閉まっていたことが原因。穂積志市長は同日の市議会2月定例会で「大変遺憾に思っている」と述べたが、補償など被害世帯への対応はまだ決まっていない。

 市下水道整備課によると、浸水は雨水を旭川に排水する雨水管の門が閉まっていたのが原因。棒状のシャフトから水門のふたが落下しており、雨水が旭川に流れ込む直前で行き場を失った。

 同課は18日に被害を受けた各世帯に謝罪し、要望を聞いて回った。

(全文 665 文字 / 残り 412 文字)