秋田犬ツーリズム、誘客効果41億円 雇用創出は473人

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 大館市、北秋田市、小坂町、上小阿仁村の4市町村でつくる地域連携DMO(観光地域づくり法人)「秋田犬ツーリズム」(中田直文会長)は、設立後の2016~18年度の活動がもたらした県内への経済波及効果は41億2500万円、雇用創出効果は473人になるとの推計を発表した。推計はフィデア情報総研(秋田市)に委託して行った。

 秋田犬ツーリズムは16年4月発足。秋田犬をはじめ食や温泉といった地域の魅力を積極的に発信して誘客を図ったり、地域産品のブランド化に取り組んだりしている。

(全文 686 文字 / 残り 451 文字)