本県、3年ぶり皇后杯 スキー国体閉幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
皇后杯の表彰状を受け取る本県の畠山総監督(手前右)
皇后杯の表彰状を受け取る本県の畠山総監督(手前右)

 第75回国民体育大会冬季スキー競技会最終日は19日、富山県南砺市のたいらクロスカントリーコースなどで4種目を行った。リレーで本県は女子、男子の成年、少年の全3種目で3位に入った。

 全競技を終え、本県は皇后杯(女子総合成績)で57点を挙げ3年ぶり8度目の優勝、天皇杯(男女総合成績)は114点で4位だった。いずれも3位だった昨年より皇后杯は二つ順位を上げ、天皇杯は一つ下げた。市城端伝統芸能会館で行われた表彰式では、本県の畠山芳彦総監督が表彰状を受け取った。

(全文 421 文字 / 残り 192 文字)