トランプ大統領「安保より輸出」 過剰規制、業績悪化を警戒

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カリフォルニア州でのキャンペーンに向け、首都ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地から出発するトランプ大統領=18日(ロイター=共同)
カリフォルニア州でのキャンペーンに向け、首都ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地から出発するトランプ大統領=18日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、米製品の輸出に関し「何でもかんでも安全保障を根拠にして、米製品の購入を難しくすべきではない」とツイッターで述べた。過剰な規制が米企業の業績悪化を招くことを警戒し、政権内や議会で検討されている輸出制限案をけん制。11月の大統領選をにらみ、景気を優先させる姿勢を示した。

 米メディアによると、米政権は安全保障の観点から半導体関連の規制を協議。電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)による航空機エンジンの対中輸出の制限も検討しているという。