尽きぬ不安、新型コロナ対策どこまで イベント自粛相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
消毒液を置いた秋田キャッスルホテルのフロント。感染予防対策を強化している
消毒液を置いた秋田キャッスルホテルのフロント。感染予防対策を強化している

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、秋田県内でも多くの人が集まるイベントを中止・縮小する動きが出ている。予定通り実施するイベントもあるが、「どこまで対策を取ればいいのか」と関係者の不安は尽きない。

 「何かあればすぐに対応しなければならない。これから広がる可能性もある」。佐竹敬久知事は17日、秋田市内での会合で、28日に予定していた自身の政治資金パーティーを延期すると表明した。

 県内では他に、29日に秋田市で予定されていた自殺予防キャンペーンが延期された。国際教養大学が卒業生を招いて3月2日に開く計画だった就職支援イベントの中止も決まった。影響がどこまで広がるかは見通せない状況だ。

(全文 1036 文字 / 残り 742 文字)