時代を語る・鈴木英雄(18)独特な山刀手に旅へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鈴木家に伝わる国重要有形民俗文化財のナガサ。筒状の柄に棒を差すと「やり」になる
鈴木家に伝わる国重要有形民俗文化財のナガサ。筒状の柄に棒を差すと「やり」になる

 かつて阿仁から出発、東日本を中心に各地に旅して定着した「旅マタギ」が、家を出る時に所持したのは火縄銃でも「やり」でもなく、ナガサ(山刀)だったそうです。ナガサは、ナタの先端をとがらせたようなマタギ独特の片刃の刃物です。

 マタギはこれでいろんなことをします。仕留めた獲物を解体したり、木の枝を切ったりね。うちには代々受け継がれ、国の重要有形民俗文化財に指定されたナガサがあります。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 751 文字 / 残り 561 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース