陸上の桐生「手応えを見つける」 オーストラリア合宿へ出発

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オーストラリア合宿への出発前に取材に応じる桐生祥秀=20日、成田空港
オーストラリア合宿への出発前に取材に応じる桐生祥秀=20日、成田空港

 陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が20日、オーストラリア合宿への出発前に成田空港で取材に応じ「今季はいけるという手応えを見つけてシーズンインしたい」と抱負を口にした。

 東京五輪を控える今季は出力を上げるために2キロの増量に取り組み「今の筋力と体重を、どうやって使うか」と合宿のテーマを挙げた。3月に現地で初戦に臨む予定で「気負わずに自分のレースをしたい」と話した。

 昨年から靴裏に金属製のピンがない「次世代スパイク」を履くが、長距離用の「厚底シューズ」を巡る騒動の余波を受け、今季使用できるかどうかは不透明。「正直言って論点がずれている」と困惑を見せた。