高校入試、感染者は追試 新型コロナ、県内大学は特例設けず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスに受験生が感染してしまった場合、どんな対応が取られるのか。秋田県内公立高校入試は追試で対応する。県内4国公立大学は特例措置を設けない。

 県教育庁高校教育課によると、県内公立高校入試の2020年度一般選抜は3月5日にあり、当日受験できない感染者が出た場合、5日後の10日に設定している追試験で対応する。

 国公立大の2次試験は、国際教養大など一部の大学を除き、前期が今月25日から、後期が来月12日以降。秋田大は感染者の受験を認めず、特例措置を設けない。

(全文 657 文字 / 残り 422 文字)