時代を語る・鈴木英雄(19)勢子としてクマ追う

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鈴木家に残る村田銃の弾の薬きょう。直径18ミリ、長さ75ミリ
鈴木家に残る村田銃の弾の薬きょう。直径18ミリ、長さ75ミリ

 クマの捕獲は大抵追い上げ猟で、私たちは「巻き狩り」と言っています。勢子(せこ)たちが声を上げながら、「マチパ」と呼ばれる銃撃手たちの待つ方にクマを追い上げます。ほとんどは斜面の下から上の方に追う「上り巻き」ですが、「横巻き」や「下り巻き」の場合もあります。

 マチパは打当マタギの言い方です。「ブッパ」という言い方もありますね。同じ阿仁のマタギでも、打当と比立内、根子で言葉が違うことがあります。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 771 文字 / 残り 573 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース