大仙市大曲の梵天(2)次世代へ 「仲間は大きな財産」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大曲中の2年生に梵天行事の流れや意義を伝える昭和54年会会員=1月28日
大曲中の2年生に梵天行事の流れや意義を伝える昭和54年会会員=1月28日

 今年、大仙市大曲の梵天行事で巡行や奉納を担う昭和54年会(1979年度生まれの厄年)の男性たちは、ほとんどが大曲中学校の卒業生。1月28日には同校2年の総合学習の授業を訪れて行事の流れや意義を伝えた。

 山﨑哲央さん(40)=大仙市職員=は、一行が昨年から梵天作りや仲間の募集など準備を重ねたことを紹介。巡行前に行った会員同士の厄払いでは、在学中のエピソードや感謝の思いを本音で語り、時には全員で涙したことも明かした。

(全文 709 文字 / 残り 500 文字)

連載企画:地域とつながる 大仙市大曲の梵天

この連載企画の記事一覧

同じキーワードのイベント情報