秋田の食:タラのだだみ鍋 旬の味覚、たっぷりと

会員向け記事
お気に入りに登録
タラのだだみ鍋
タラのだだみ鍋

 寒ダラがおいしい季節になりました。タラといえば、にかほ市で毎年2月4日に行われる「掛魚(かけよ)まつり」が有名ですよね。大ダラを奉納し、豊漁や商売繁盛を祈願する300年以上前から続く伝統行事です。まつりでは熱々のたら汁が販売されるそうですが、今回はタラの切り身とだだみ(白子)をたっぷり入れた鍋を紹介します。

 料理教室を開くと、生徒さんが県内各地から通って来てくれるので、いろんな土地の話を聞くことができます。タラにまつわるもので印象に残っているのが、今から30年ほど前に聞いた話。県北から通っていた当時70代後半の姉妹が、幼い頃の思い出として語ってくれたことです。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1422 文字 / 残り 1138 文字)

この連載企画の記事一覧