米、イラン国会選巡り制裁 保守強硬派の有力者ら

お気に入りに登録

 【ワシントン共同】トランプ米政権は20日、イランで21日に実施される国会選挙を巡り、自由で公正な選挙が妨げられているとして、立候補を事前審査した護憲評議会トップで保守強硬派の有力者であるジャンナティ師ら5人を独自制裁の対象に指定した。米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁じられる。

 財務省によると、対象に指定されたのはジャンナティ師ら護憲評議会幹部2人と選挙関連組織の幹部3人。国会選挙への立候補には護憲評議会の事前審査で承認を得る必要があるが、約半数を失格にした。