「オフィス」認証コード不正販売、男女2人追送検 中央署

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 米マイクロソフト(MS)の事務統合ソフト「オフィス」の使用に必要な認証コードを不正にインターネットオークションに提供したとして、秋田中央署と県警生活環境課は21日、不正競争防止法違反の疑いで、東京都台東区、中国籍の会社社長の男(34)と同所の従業員の女(48)を追送検した。

 2人は今月5日、認証コードの販売に際し、オフィスに類似したロゴを無断で使った商標法違反の疑いで県警に逮捕、送検されていた。

(全文 552 文字 / 残り 352 文字)