カラムシ使い、縄文の糸作りに挑戦 北秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カラムシの繊維で糸をよる参加者
カラムシの繊維で糸をよる参加者

 イラクサ科の多年草カラムシから糸を作る講座が22日、秋田県北秋田市民ふれあいプラザ・コムコムで開かれ、同市と大館市の男女10人が参加した。

 カラムシの糸は縄文時代、衣服に使われたとされる。同市の国指定史跡・伊勢堂岱遺跡のガイドを担うワーキンググループが、縄文の暮らしを知ってもらおうと開催した。

(全文 342 文字 / 残り 194 文字)