「いぶりばでぃ」味わって 秋大生、ダイコン栽培から携わる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
買い物客にいぶりがっこをPRする秋田大生
買い物客にいぶりがっこをPRする秋田大生

 秋田大の学生有志14人がダイコンの栽培から漬け込みまで携わったいぶりがっこ「いぶりばでぃ」の販売が22日、県内のスーパーで始まった。

 いぶりがっこ作りは2009年度から毎年、学生が横手市山内三又地区の住民と交流しながら行っている。学生はダイコンの種まきや収穫、いぶす作業、漬け込みなど全工程に携わっている。

(全文 492 文字 / 残り 338 文字)