星野2位、仙北市でモーグルW杯 世界トップの技観客魅了

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第2エアを決めて女子モーグル2位に入った星野=たざわ湖スキー場黒森山コース
第2エアを決めて女子モーグル2位に入った星野=たざわ湖スキー場黒森山コース

 2020FISフリースタイルスキーワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会は22日、仙北市のたざわ湖スキー場でモーグル第8戦が行われ、女子はペリーヌ・ラフォン(フランス)が優勝し、星野純子(リステル)が2位に入り、5シーズンぶりに表彰台に立った。男子はミカエル・キングズベリー(カナダ)が制した。今年は暖冬による雪不足でコース設営が難航し、コース脇には土が見える場所があった。雨に見舞われたものの、約2500人(主催者発表)が来場し、観客は世界トップレベルの技術に見入っていた。

(全文 239 文字 / 残り 0 文字)

同じジャンルのニュース