御野場石川道場、9年ぶりV 柔整旗争奪全県小学校柔道

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
決勝の中堅戦で激しく技を掛け合う選手
決勝の中堅戦で激しく技を掛け合う選手

 第34回柔整旗争奪全県小学校柔道大会(県柔道整復師会主催、県柔道連盟共催)が23日、秋田市の県立武道館で28チームが参加して行われ、御野場石川道場が9年ぶり2度目の優勝を果たした。準優勝した大曲スポ少と共に東北大会(7月・宮城)に出場する。全国大会(11月・東京)には、今大会の結果を基に編成される県選抜チームで臨む。

 今大会は、県立武道館大道場が天井改修工事のため使えず、規模を縮小しての開催となり中学校男女の各部は行わなかった。

(全文 217 文字 / 残り 0 文字)