ポン監督が受賞後初来日し会見 「熱い反応、何よりうれしい」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見で笑顔を見せる、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督=23日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ
記者会見で笑顔を見せる、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督=23日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ

 米アカデミー賞の作品賞を史上初めて外国語映画で受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督が23日、受賞後初めて来日した。日本記者クラブで記者会見し「受賞は光栄だが、(日本を含む)どの国のお客さんも熱く反応してくれたことが何よりもうれしい」と喜びを語った。

 「パラサイト」は、失業中の貧しい一家が裕福な家庭に巧みに寄生していく物語。テーマとなっている格差社会については「私たちが抱えている未来に対する不安や恐れを率直に映画の中で表現したいと思った」と述べた。

 この作品は現在公開中。国内興行収入は30億円を超え、韓国映画歴代1位となった。