私たちの「読み聞かせ」どう? 秋田市、児童が司書体験

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大型絵本の読み聞かせを練習する児童
大型絵本の読み聞かせを練習する児童

 図書館司書の仕事を体験するイベントが23日、秋田市千秋明徳町のほくとライブラリー明徳館(市立中央図書館明徳館)で開かれた。市内の小学3、4年生計8人が参加。読み聞かせや、お薦めの図書コーナー作りなどを通し、楽しみながら司書の仕事に理解を深めた。

 参加者が最も力を入れて取り組んだのは読み聞かせ。同館では児童や園児が見学に訪れた際、司書が大型絵本や紙芝居などの読み聞かせを行っている。参加者は三つの班に分かれ、朗読やページをめくる練習をした。

(全文 670 文字 / 残り 449 文字)