認知症テーマの紙芝居お披露目 横手・増田高生が制作

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
増田高生が認知症をテーマに制作した紙芝居のお披露目会
増田高生が認知症をテーマに制作した紙芝居のお披露目会

 秋田県横手市増田町の増田高校総合学科芸術文化系列の3年生が認知症をテーマに作った紙芝居のお披露目会がこのほど、同市十文字町の市十文字文化センターで行われた。手描きのイラストやグラフを交えて症状などについて解説。グループホームの職員ら15人が耳を傾けた。

 紙芝居はA2判66ページ。総合美術の授業で、小松さつきさん、佐藤魁暉さん、佐藤千京さん、佐藤有可さん、皆川雄聖さんの5人が制作した。認知症についての資料を読み込み、制作した。

(全文 595 文字 / 残り 380 文字)