鈴木五段5年ぶりV 全県選抜将棋、佐藤五段に昨年の雪辱

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優勝決定戦で対局する鈴木五段(左)と佐藤五段
優勝決定戦で対局する鈴木五段(左)と佐藤五段

 第61回全県選抜将棋大会(秋田魁新報社、日本将棋連盟県支部連合会主催)は最終日の23日、秋田市の秋田魁新報社でリーグ戦の残り3局と優勝決定戦、3位決定戦を行った。リーグ戦A、B組の1位同士が対戦した優勝決定戦は、鈴木勝裕五段(秋田市)が佐藤弘康五段(由利本荘市)を破り、5年ぶり10度目の優勝を果たした。3位は杜碩(とせき)五段(秋田市)、敢闘賞(4位)は田代雄太朗四段(同)だった。

(全文 412 文字 / 残り 219 文字)