伝統野菜を地域の力に 湯沢で全国サミット

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
会場に並べられた全国各地の伝統野菜
会場に並べられた全国各地の伝統野菜

 「2020全国伝統野菜サミットin秋田湯沢」が20、21の両日、湯沢市の湯沢グランドホテルなどで行われた。全国から伝統野菜の普及団体や研究者、農家など約180人が参加し、生産振興の方策を探った。あきた郷土作物研究会や県などでつくる実行委員会の主催。

 初日は、農産物と生産者の思いなどを紹介した情報誌「食べる通信」をセットで届ける事業を展開する「日本食べる通信リーグ」(岩手県花巻市)の高橋博之代表理事が基調講演した。

(全文 625 文字 / 残り 416 文字)