時代を語る・鈴木英雄(23)勢子なのにクマ撃つ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
初めて仕留めたクマと(中央)。他に授かった2頭も
初めて仕留めたクマと(中央)。他に授かった2頭も

 銃を持ったからといってすぐに、クマ猟で撃ち手の「マチパ」を務められるわけではありません。私は銃を所持後もクマを追い上げる勢子(せこ)をやり、ウサギ狩りなど1人でやる猟の時に、銃を扱う経験を積んでいました。その頃はまだ、ウサギがとても多かったですからね。

 しかし、クマ猟で勢子がクマを撃たなければならない状況になる場合があります。クマの「巻き狩り」は、複数の勢子がマチパのいる方向にクマを追い上げます。ただ、逃げ場を失ったクマが予想外の動きをしたり、撃たれて斜面を転がりながら、致命傷を負わなかったため、行方が分からなくなってしまうことがあります。

(全文 749 文字 / 残り 475 文字)

この連載企画の記事一覧