大仙市大曲の梵天(6)OB 古里支え後輩見守る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小山田さん(右)の前で梵天を披露する昭和54年会会員
小山田さん(右)の前で梵天を披露する昭和54年会会員

 大仙市大曲の梵天行事で中心的な役割を果たした男性たちの多くはいま、地域を支える人材として活躍し、今年の行事を担う昭和54年会の会員たちを見守っている。

 県医師会長を務めた開業医の小山田雍さん(74)=大曲須和町=は、昭和20年会会長として1986年に梵天行事を行った経験を持つ。今月14日、医院前で梵天を披露した54年会を「グローバルな時代だからこそ、古里の行事を大切にしてほしい」と励ました。

(全文 724 文字 / 残り 526 文字)

この連載企画の記事一覧