児童生徒の通学、カメラで見守り 大館の住民団体が6台設置

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日景さんの倉庫に取り付けられた防犯カメラ
日景さんの倉庫に取り付けられた防犯カメラ

 秋田県大館市釈迦内の6町内でつくる住民団体「釈迦内本郷会」は今月、地区内の小中学校の通学路に防犯カメラ6台を設置し、運用を始めた。伊藤毅副会長(65)は「子どもが犯罪に巻き込まれるのを防ぎ、安全で安心して暮らせる地域づくりに役立てたい」と話す。

(全文 405 文字 / 残り 282 文字)