まつり本番の熱気!土崎港ばやし港和会初の単独公演【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
5曲の港ばやしなどが披露された公演
5曲の港ばやしなどが披露された公演

 秋田市の「土崎神明社祭の曳山(ひきやま)行事」(土崎港曳山まつり)で演奏される港ばやしを広く知ってもらうと「土崎港ばやし保存港和会」(大川正会長)は24日、同会初めての単独公演を同市土崎港の北部市民サービスセンターで行った。大切に守り継いできた港ばやしを、次世代に引き継いでいこう―そんな思いを込めた新たな取り組みだ。

 公演には会員約30人が出演した。「あいや節」「加相ばやし」といった5曲の港ばやし、秋田音頭などを披露したほか、それぞれの演奏前には会員が港はやしの歴史や特徴を解説した。

(全文 863 文字 / 残り 618 文字)