歌手ドミンゴ氏、セクハラを謝罪 米労組の調査で被害確認

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
プラシド・ドミンゴ氏(ゲッティ=共同)
プラシド・ドミンゴ氏(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】スペイン出身の世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴ氏(79)は25日、自らのセクハラ疑惑について声明を発表し「(女性たちに)生じさせた苦しみを本当に申し訳なく思っていることを知ってもらいたい。私の行為に関する全責任を負う」と謝罪を表明した。スペインのメディアが伝えた。

 AP通信は、歌手らでつくる米労組が弁護士に委託した調査で、25人以上がセクハラを受けたり、目撃したりしたと証言したと報道。ワシントンとロサンゼルスのオペラで監督を務めていた際の少なくとも約20年間に、望まない身体的接触や深夜に自宅へ来るよう電話で求めるなどした事実を確認した。