試験会場、マスク着用呼び掛け 新型肺炎に警戒

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
受付には消毒液とマスクが用意された
受付には消毒液とマスクが用意された

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2次試験を行った秋田県内の3大学は受験生にマスクの着用を呼び掛けたり、受付に消毒液やマスクを置いたりして対策した。受験生からは「多くの人が集まったので心配」「早く収束してほしい」との声が聞かれた。

 秋田大手形キャンパスでは25日朝、県内外から集まった多くの受験生がマスク姿で会場に入った。

(全文 526 文字 / 残り 363 文字)