悩み抱える人に支援つなぐ 北鷹高でゲートキーパー養成講座

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ゲートキーパーの役割や心得を学んだ講座
ゲートキーパーの役割や心得を学んだ講座

 悩みを抱える人を必要な支援へとつなぐ秋田県独自のボランティア「心はればれゲートキーパー」の養成講座がこのほど、北秋田市の秋田北鷹高校で開かれた。同校普通科の2年生22人が、ゲートキーパーの役割や心得を学んだ。

 講座は秋田ふきのとう県民運動実行委員会(佐藤久男会長)が、県の委託事業として県内各地で開いている。今回は、同校で地域の課題として自殺対策を研究している生徒に理解を深めてもらおうと実施した。高校生向けは県内で初めて。

(全文 485 文字 / 残り 272 文字)