大仙市で8600戸が一時断水 水道管が破断、老朽化か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
破断した水道管=26日午前8時35分ごろ、大仙市の昭代橋
破断した水道管=26日午前8時35分ごろ、大仙市の昭代橋

 25日午後11時ごろ、秋田県大仙市大花町と大曲丸子町に架かる昭代橋の水道管が破断し、市中心部の大曲地域ほぼ全域と、仙北地域の一部計約8600戸で断水した。市が配水ルートを変更し、約4時間後に復旧した。管の老朽化が原因とみられる。

 市上下水道局によると、同時刻ごろ、市民から「水が出ない」といった苦情が相次いだ。浄水場に異常がなかったため、職員が管を調べたところ、昭代橋の橋桁脇に設置されている直径45センチの管が長さ約25メートルにわたって外れ、一部は川に落ちているのが見つかった。

(全文 531 文字 / 残り 289 文字)