“危機”から空港・乗客守れ 北秋田、不審者への対応確認

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
不審者への対応を確認した訓練
不審者への対応を確認した訓練

 不審者侵入やハイジャック事件を想定した対応訓練が26日、秋田県北秋田市の大館能代空港で行われた。空港関係者や北秋田署員ら約50人が、不審者を取り押さえる際の連携や、ハイジャック発生時の連絡体制を確認した。

 不審者対応訓練は、搭乗検査場から待合室に不法侵入した男が、刃物を手にしたとの想定。署員3人が刺股や盾を使って取り押さえる間に、空港スタッフが乗客を避難させるなどの手順を確認した。刺股の実技訓練も行い、空港関係者が署員から初動対応や制圧の仕方を教わった。

(全文 440 文字 / 残り 210 文字)