俳優、桜田通がカレンダー発売 「20代最後の恩返し」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自身のセクシーショットが写ったカレンダーを手に、苦笑いを浮かべる桜田通=東京都内
自身のセクシーショットが写ったカレンダーを手に、苦笑いを浮かべる桜田通=東京都内

 俳優の桜田通が、東京都内で開かれた2020年度の写真カレンダー「あえて。」の発売記念イベントに登場した。「二枚目キャラではない」と言う桜田が、30歳を前に、あえて見た人をドキドキさせるようなしぐさや表情に挑戦した。「こういうものを求めてくれる方へ、20代最後の恩返し」と照れくさそうに語った。

 上半身裸でベッドに横たわるシーンなど、普段なら絶対にやらないというセクシーショットも収めた。昨年のドラマではベッドシーンも披露した桜田だが「役を演じている状態でなく、自分として写るのは恥ずかしかった」と苦笑した。

 報道陣から自己採点を求められると「1から99の間だと思う」と、先日ジャニーズ事務所からの退所を発表したタレント中居正広のコメントをまねて笑いを誘った。その上で、改めて「100点」と回答した。

 「今まではだいたい60点と答えていたけど、今回は、あえて満点。全部を出し切ったので、もうやりません」と、二枚目役からの“卒業”を宣言した。

 今後については「素の自分に近い、個性的な役を演じたい」。さらに尊敬する同じ事務所の俳優佐藤健との共演を希望した。